銀行でお金借りる前に「金利と利息」を考える

Posted by on 10月 17, 2016

「銀行でお金を借りる」と言うと、一般的には住宅や自動車を購入する為の資金として「目的ローン」、もしくは「事業資

「銀行でお金を借りる」と言うと、一般的には住宅や自動車を購入する為の資金として「目的ローン」、もしくは「事業資金」などのお金借りる状況を想像することが多いです。しかし、最近では自由な用途で使えて保証人・担保も不要なフリーローンが数多く扱われるようになって来ているので、消費者金融よりも優れた環境で借入れが出来る様になっています。

環境は非常に良くなってきていますが、中でも「消費者金融よりも低金利で利用出来る」と言う点が多くな特長です。借金をする時に最重要となる部分は「完済できるかどうか」であり、間違っても借りられるかどうかが最重要では無いと言うことを強く意識しておかなければなりません。

金利が低ければ利息を少なく抑えることができ、その結果として返済の負担が軽くなります。自分が借りる状況ではどの程度の利息が発生してくるのか、月々の返済は余力の範囲内で収まるのかどうか、完済までにどのくらいの期間(回数)が必要になるのかと言ったことを十分に計算・シミュレートしておき、無理の無い環境であることを確認してから利用することが大切です。

全てではありませんが、「何が何でも今日中に借りたい」という場合であっても即日融資に対応しているものであれば十分に間に合わせられる可能性があります。ただし、融資スピードだけで申し込み先を決めてしまうことはリスクを高める結果になる懸念がある為、必ず「利用環境」をみて決める様にしましょう。