銀行カードローンの契約でお金借りる条件

Posted by on 10月 17, 2016

お金借りる場合には、様々な条件が必要となります。例えば、消費者金融業者とのキャッシング契約の場合には、一定の収

お金借りる場合には、様々な条件が必要となります。例えば、消費者金融業者とのキャッシング契約の場合には、一定の収入があることが重要視されます。また総量規制の対象となっているため、年収の3分の1以内の貸付ということが条件となります。では、銀行カードローンの契約の際はどのようになっているのかと言いますと、安定した収入があることがまず重要となります。これは前述したサラ金業者と同じことなのですが、安定した収入を自分では無く配偶者が得ている場合でも借り入れが可能となるケースがあります。専業主婦が契約する場合がそれであり、専業主婦の場合には配偶者の収入が確認されれば、審査に通り借りることができる可能性があるのです。また、銀行のローン商品は総量規制の対象外となっていますので、収入が無い専業主婦でも借り入れることが可能となっているのです。それ以外にも『営業管轄内に住居があること』といったことや、『同じ勤務先に1年以上勤務している』といったことも審査の上で重要視されるのです。また、銀行と消費者金融業者双方とも重要視していることが『信用情報(いわゆるブラックリスト)』です。以前、借り入れを行っていて延滞や自己破産などがあった場合には、信用情報に傷が付いてしまいます。これらのブラックリストは各業者が共有していますので、ブラックリストに名前が載ってしまうと、どこからも借り入れが出来なくなってしまいます。つまり、ブラックリストに名前が載っていないということは、お金を借りる際に一番重要な条件と言えるのです。