銀行でお金借りる場合の審査について

Posted by on 10月 17, 2016

銀行からお金借りる方法の1つにカードローンがあります。多くの金融機関がサービスの提供を行っており、定められた審

銀行からお金借りる方法の1つにカードローンがあります。多くの金融機関がサービスの提供を行っており、定められた審査条件をクリアすることで利用をすることができます。通常、条件としては、一定の収入があること、年齢条件を満たしていること、他社からの借り入れが複数でないことなどがあり、金融機関によっては他の条件が求められる場合もあります。
審査に通るためには記入間違いをしないことが大切になりますが、申し込みは1社だけにする必要があります。申し込みに関してはこれまでのお金の借り入れ状況に対して、各金融機関はCICなどの個人信用情報機関に照会をすることになり、複数のローンの申し込みが知られることになります。そのために、融資が通りにくくなり、お金を借りることが難しくなります。
金融機関は、カードローンに対して、それぞれの年収や借り入れ状況に応じて融資する金額を定めています。当然に利用希望者の条件が良ければ、その分、多くの金額を借りることができ、内容としては、そのほとんどが、担保・保証人が求められない商品になっています。ここでは、提携する外部保証会社が利用者に代わって行うことになり、保証を受けられることが条件となります。概ね、大手金融機関では800万円〜1,000万円までの対応を行っていますが、事業規模によっても違いがあり、500万円程度を上限としているところもあります。注意点としては、額面によっては担保を条件としている金融機関があり、この場合、住宅に担保設定が行われることになります。